テープやワックスで背中を脱毛するデメリット〜範囲が広いから痛すぎて耐えられない〜

テープやワックスで背中を脱毛するデメリット〜範囲が広いから痛すぎて耐えられない〜

個人で手軽に行うことができる脱毛の方法にテープやワックスを使った方法があります。

 

まずテープ脱毛とは、粘着性のあるシートなどを脱毛したい箇所に貼り、そして毛の流れに逆らうようにそれを剥がして、毛と一緒に引き剥がすという方法です。
テープを貼って剥がすだけですから、手段としては簡単というメリットがあります。

 

しかし反面、剥がす際に痛みが生じるというデメリットがあります。
(また、皮膚も一緒に剥がれてしまうため、お肌にダメージを与えてしまうことにもなります。)

 

 

次にワックス脱毛とは、専用のワックスを皮膚に塗り、ある程度の時間をおいてから、それを毛と一緒に引き剥がして脱毛をする方法です。

 

これもワックスを肌に塗るだけなので簡単というメリットがありますが、やはり痛みが生じるというデメリットがあります。
(また同様に、お肌にダメージを与えてしまいます。)

 

 

気軽に行うことができるテープやワックスを使用した脱毛ですが、これらを背中で行う場合、あまりメリットはありません。
まず、自分の背中は自分で見ることができません。
鏡を使用して場所が確認できたとしても、テープを正しく貼付する、あるいはワックスをまんべんなく塗り付けるというのは、非常に難しいことです。
同様に貼り付けたテープや塗り付けたワックスをきれいに剥がすのも、とても難しいことです。

 

また、人にやってもらえるとしても、背中は非常に面積の広い部位であるため、テープを剥がす、ワックスを剥がす際の痛みが相当なものになります。
背中の全面をテープやワックスで脱毛しようと思っていたけど、痛すぎて耐えられなくなって途中でやめてしまう、なんてことにもなりかねません。

 

そして何より、脱毛後のアフターケアを行うのも、背中は難しい場所です。
仮に赤みが発生してしまったり、なにか出来物ができてしまったとしても、そのことになかなか気がつけないのも背中であり、それらが悪化してしまう可能性も否定できません。

 

ですから背中の脱毛は個人で行うよりも、可能であればエステやクリニックなど、プロの手によって脱毛してもらい、アフターケアまできちんと行ってもらうのが望ましいです。

 

 

おすすめランキングはこちら