自宅でできる背中のムダ毛処理の方法〜綺麗に産毛を無くせるのは?〜

自宅でできる背中のムダ毛処理の方法〜綺麗に産毛を無くせるのは?〜

ムダ毛を自己処理する方法というと様々な方法がありますが、背中の場合には、見えづらく手も届きづらいという事で、方法に制約がかかってきます。
困難な背中のムダ毛処理ですので、何らかの理由で背中の毛を処理しなければならないとなった時に困っているという方もいるでしょう。
そこで、ここでは背中のムダ毛を処理する方法と、それらの特徴について紹介していきます。

 

 

カミソリ・電動シェーバーを使った処理

まず、自宅で行うムダ毛処理として最も一般的なのが、カミソリを使った処理です。
カミソリは、コンビニやドラッグストアなどで容易に手に入れることができますし、値段も手ごろなものです。

 

また、処理自体もお風呂のついでなどでさっと剃る事ができますので、身近な処理方法となっているのでしょう。

 

しかし、背中の毛となると、話はまったく違ってきます。
鏡などを使っても、自分の背中はやはり見えにくいですし、手も届きにくいですから、背中のむだ毛をカミソリで綺麗に剃るのは至難の業と言ってもいいでしょう。
(さらに、背中はニキビなどもできやすく、赤く化膿したニキビが背中にあっても、それに気づかずに剃ってしまって、傷付けてしまうおそれもあるでしょう。)

 

そのため、なるべくならカミソリは使わないほうが無難でしょう。

 

背中の毛を剃る上で便利なのは、背中用の電気シェーバーです。
猫の手のような曲線型になっており背中にフィットして、さらに持ち手にある程度の長さがあるので、通常のカミソリなどでは届きにくい部分まで剃ることができます。

 

しかし、ある程度、手探りな感じで剃っていく事になりますので、キレイにムダ毛を処理するとなると、慣れが必要になってくるかもしれません。
注意しながら丁寧に剃って、処理後も剃り残しが無いかなど、仕上がりをしっかりと確認する必要があるでしょう。

 

ただ、電動シェーバーには大きなメリットがあって、それはお肌にかける負担が比較的軽い事です。
電動シェーバーは、刃が直接お肌には触れないようになっているため、使い方を誤らなければ、お肌にダメージを与えにくいのです。
(ちなみに、脱毛サロンを利用する際、施術前に自宅で毛を処理しておく必要があるのですが、その方法として推奨されるのが、電動シェーバーによる処理です。)

 

ですが、お肌に直接は刃が触れないという事は、毛を深剃りできず、浅くしか剃れないという事でもあります。
そのため、毛が元通りになってしまうまでの期間が短いというデメリットもあります。

 

除毛クリームを使った処理

除毛クリームを使った処理方法は比較的簡単で、それなりにキレイに除毛することができます。
しかし、やはり背中となると、自分で塗れる範囲が限られてしまいます。

 

頑張って目一杯に手を伸ばしても、自分で背中にまんべんなく塗るのは難しいでしょう。
背中にクリームなどを塗るための道具などもありますので、そういった道具を利用するのもいいですが、まんべんなく塗れているかどうかの確認は必要になります。

 

誰かに塗ってくれる人がいるのなら、除毛クリームを塗るという点では、とても楽にできるでしょう。

 

しかしどうにしても、除毛クリームには大きなデメリットがあり、それは肌荒れです。
そもそも、除毛クリームはアルカリ性の薬剤によって、毛を溶かして処理するという仕組みのものです。

 

そのため、除毛クリームでムダ毛を処理すると、少なからずお肌に負担をかけてしまうので、肌トラブルのリスクがあります。
(特に、敏感肌など、お肌が弱い女性は、注意が必要でしょう。)

 

特に、背中の毛の処理が必要になるのは、何かの特別なイベントなどでドレスを着る時であったり、夏にプールや海水浴に行くために水着を着用する時などでしょう。
そんな時に、除毛クリームが原因で背中が荒れてしまっては残念な事になってしまいます。

 

ですので、除毛クリームを使用する際には、必ず事前にパッチテストを行ってから使用するのがいいでしょう。

 

ただし、クリームを塗るのに苦労したり工夫が必要になるという点を除けば、そして、使用前に必ずパッチテストを実施するという前提であれば、比較的、除毛クリームは背中のムダ毛処理に向いている方法と言う事もできます。

 

少し長くなりますが、順を追ってその理由をご説明します。
まず除毛クリームは、お肌へ刺激のある薬品の作用によって毛を溶かすわけですので、頻繁に使うのは、お肌の事を考えると、やはり好ましい事ではありません。

 

そのため脚や腕など、日常生活の中で、露出する機会が多い部分のムダ毛処理には、除毛クリームはあまり向きません。

 

しかし、たまに使う程度であれば、それほど大きな問題はありません。

 

その点、背中は日常生活の中で、そこまで露出する機会は多くありません。
(ただし、薄着の季節になると、人から背中の上の方の部分が見えてしまう機会は意外と多いですので、理想を言えば、薄着になる時は、いつも背中のムダ毛を綺麗にしておきたいところではあります。)

 

ですので、たまに背中を露出する時に除毛クリームで処理するという程度であれば、それほど問題にはならないでしょう。
(こういった理由ですので、何らかの理由で、日常的に背中を露出する必要があって、そのために背中の無駄毛を頻繁に処理するという場合には、話はまったく違ってきます。)

 

ただし、繰り返しになりますが、使用前にパッチテストを行ってから使用するという事が前提です。
なお、この使用前というのは、初めて使用する時に、という意味ではなく、毎回の使用前という意味です。

 

一度パッチテストを行って問題が無かったというのは、あくまで、その時のお肌の状態でトラブルが生じなかったという事でしかありません。
体調やお肌の状態が変われば、同じ除毛クリームであっても、肌トラブルを起こす可能性は十分にあります。

 

特に女性は、生理などによりホルモンバランスが変化しやすいので、お肌の調子も変化しやすいのです。
先ほども触れましたが、何か特別なイベントを前に背中のムダ毛処理をするのであれば、肌トラブルを起こしてしまっては台無しにもなりかねませんので、除毛クリームは注意して使用するようにするべきでしょう。

 

その他、除毛クリームによって溶かして除去できるのは、ムダ毛の皮膚表面に出ている部分だけですので、毛が元通りになるまでの期間が短いという事もデメリットとして挙げられます。

 

ワックスを使った処理

次に、一時期流行ったワックスを使用した処理についてです。
(ちなみに、ブラジリアンワックスというのは、特にデリケートゾーンのワックス脱毛の事を意味します。)

 

ワックスを塗るという点では、除毛クリームと同じような感じに見えますが、除毛クリームよりも塗るのは難しいです。
なぜなら、除毛クリームを場合は、余分にクリームを使えば、多少塗り方が雑でも、ある程度均一に除毛することができます。
しかしワックスの場合には、後から剥がす前提ですので、除毛クリームよりは丁寧に薄く塗る必要があるのですが、自分の背中に上手くワックスを塗るのは難しいでしょう。

 

さらに脱毛ワックスによるムダ毛処理は、何より肌へのダメージも大きく、痛みも強い方法です。

 

そもそもとして、毛を抜く処理である時点で、毛穴に無理な力がかかるデメリットの大きい方法なのです。
それに加えて、ワックスを引き剥がすダメージがあるわけですので、危険な方法だと考えるべきでしょう。

 

このような大きなダメージが加わると、色素沈着の原因になりますし、毛穴に無理な力がかかれば、毛穴が開くなどして毛穴が目立つようになる原因にもなります。
その他にも、埋没毛の原因にもなります。

 

少し話が逸れてしまうのですが、このようなワックス脱毛のリスクは、ワックスを使用するものの技術が低い事に起因するので、ブラジリアンワックスの専門サロンなどのプロに任せれば安全だと言われる事があります。
適切にワックスを取り扱う事により、肌へのダメージがいくぶんマシになる事は否定しません。
ですが、プロによるワックス脱毛も痛い事には変わりなく、痛みがあるという事は、皮膚や毛穴にダメージがあるという事を意味します。
また、毛を抜いて処理する事には変わりなく、毛を抜くという行為がお肌に好ましくない影響を与えるのは間違いありません。
さらにお金を払って、わざわざワックス脱毛のサロンを利用したとしても、ただ単に毛を抜いてもらえるだけですので、少し日が経てばまた同じ様にムダ毛は生えてきます。
(後述しますが、脱毛サロンやクリニックの脱毛は、毛を作り出す細胞に働くものですので、継続する脱毛効果が得られるものです。)
総合的に考えれば、ワックス脱毛を行うメリットは無いように感じます。

 

脱毛タオルを使った処理

脱毛タオルは、除毛タオルや、産毛とりタオルなどとも呼ばれます。
使い方や仕組みは、お風呂でボディタオルを使って背中を洗う要領で脱毛タオルを使えば、複雑に編み込まれたタオルの極細の繊維によって、背中の産毛をからめとるようにして除去する仕組みだと言われています。
さらに、角質や毛穴汚れも除去する事ができます。

 

脱毛タオルのメリットは、ボディタオルの代わりに脱毛タオルを使うだけですので、手軽に行えるという事でしょう。
値段も平均で1,000円程度ですので、手が出しやすい値段と言えるでしょう。

 

また、お肌を傷つけるリスクもそれほど高くはありません。
(もちろん、リスクは使い方次第で、強く擦りすぎれば、摩擦でお肌を傷付ける事になります。脱毛タオルという事で、ムダ毛をきれいにしようと気合いを入れてこすってしまうと、お肌を傷める事になりかねませんので、気を付けましょう。また、お肌が弱い人の場合には、注意が必要かもしれません。)

 

ただし、肝心の除毛効果はあまり確かなものではありません。
(ただ、除毛効果には個人差もあるようで、それなりの除毛効果を実感できたという方も中にはいるようです。)

 

一度使って、背中の産毛が綺麗になるような効果を期待して使えば、まず間違いなくその期待は裏切られる事になるでしょう。
継続的に使っていれば、ある程度は背中の産毛が除去できるかもしれない、というくらいに思って使うのがちょうどいいでしょう。
(ボディタオルに、除毛効果がおまけ程度に付いた物くらいでしょうか。)

 

綺麗に背中の産毛を無くせるのは?

ここまで自宅で出来る背中の毛の処理方法をご紹介してきましたが、やはり自分で行う処理では限界があります。
また、自分で行う処理の除毛効果は、どれも一時的なものに過ぎませんので、すぐにムダ毛が元通りになってしまいます。

 

そのため、水着やドレスを着用するなど、背中を露出する機会には、また処理をしなければいけません。

 

さらに言えば薄着になると、人から背中が部分的に見えてしまう機会というのは意外と多いものです。
ですから理想を言うなら、薄着になる時はいつも背中をムダ毛をキレイにしておきたいところです。

 

ただし、背中のムダ毛を自宅で出来る方法で、いつも綺麗にしておくとなると、不可能に近いでしょう。
また、頻繁に自己処理を繰り返すと、ダメージが積み重なって、黒ずみなどができて見た目が汚くなる原因にもなるので、高い頻度で処理を行うとなると注意が必要です。

 

そのため、背中のムダ毛が綺麗な状態を保とうとすれば、現実的な方法は、脱毛サロンや脱毛クリニックを利用するくらいになってきます。
(自己処理を頻繁に続けて、お肌が汚くなっていき、ムダ毛が無いけど見た目は汚い、というような状態であれば、自己処理でも実現可能だと思いますが、そのような状態を望む方はいないでしょう。)

 

サロンやクリニックの脱毛は、毛根の毛を作る組織に作用して、ムダ毛の再生能力を低下させる効果があって、しかも、その効果は継続するものです。
そして、回数を重ねていけば、次第にムダ毛が生えない状態に近付いていく事が出来ます。

 

もちろん、サロンやクリニックで背中を脱毛しようと思えば、自分で処理するのと比べて大きな費用がかかるというデメリットがあるのも確かです。

 

ですが、継続する脱毛効果などの大きなメリットもありますので、それだけの費用をかける価値はあるように感じます。
(もちろん、ムダ毛の悩みの深さや、金銭感覚などは人それぞれ違うでしょうし、中には、そもそも脱毛サロンなどにお金をかけられない人もいるでしょうから、すべての人にそれが当てはまるとは思いません。)

 

それに、体験コースやキャンペーンのコースなどを利用すれば、お手頃な価格で脱毛を試してみる事もできますので、脱毛が初めての方は、そういったコースを試してみるのもいいと思います。

 

ただし、一口にサロンの脱毛と言っても、採用されている脱毛方法はサロンによっていくつか種類があり、背中脱毛は脱毛方法によって、効果の差が大きいので注意が必要です。
背中脱毛をするサロンを選ぶ際には、以下のページを読んでからにして下さい。
背中脱毛の方法と効果について【まとめ】

 

肌を傷つけるリスクは出来る限り避けましょう

このように背中のムダ毛ケアの方法には、様々な方法がありますが、やはりお肌を傷付けるリスクがある方法は出来る限り避けるべきでしょう。

 

お肌を傷付ける処理方法を続けてしまえば、黒ずみの原因にもなりますから、下手をすると、背中全体が黒ずんでいるような見た目の汚い背中にもなりかねません。

 

特に、露出の多い季節などは、汚い背中だとオシャレができる幅が大きく狭まってしまいます。

 

そのため、自宅でムダ毛処理をするにしても、様々な処理方法の特徴などを理解した上で、なるべく安全な方法でムダ毛処理をすることをおすすめします。

 

ムダ毛の濃さや、ムダ毛ケアにかけられるお金などには個々人で違いますので、すべての人に一番良い方法というのは無く、それぞれの事情に合わせた一番の方法があると思います。
自分に合った正しい処理方法を見つけて、安全に綺麗な背中を目指しましょう。

 

 

おすすめランキングはこちら