医療レーザーの背中の脱毛って痛いの?

医療レーザーの背中の脱毛って痛いの?

背中のムダ毛はどうしても手が届かない部分がありますので、自己処理が甘くなってしまったり、人によっては一切処理をしなかったり、自分では処理が行き届かないことが多い部分です。

 

綺麗に処理をしたいと考えた場合に適切な方法として、エステサロンでの脱毛や、皮膚科などでの医療レーザー脱毛があります。
(関連記事:サロンの脱毛の痛みについて

 

医療レーザー脱毛は、効果が高いことから興味を持つ方もいるでしょうが、ここで気になってくるのは、医療レーザー脱毛が痛いのではないかということでしょう。

 

医療用レーザーによる背中の脱毛は痛いという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。
こうした話を聞くと、特に痛いのが苦手という方は二の足を踏んでしまうことでしょう。
では、実際のところ、医療レーザーによる背中の脱毛は痛いのでしょうか。

 

まず医療レーザー脱毛は、医師の監督の下、医療機関で行われる脱毛であるため、高い出力での施術が可能になっています。
そのため、脱毛の効果が高くなっているのですが、その代わりに痛みも強くなっています。
(ですので、エステの脱毛と比較して、痛みは強いです。)

 

ですが、実際のところは我慢できないというほどの痛みではありません。
(痛みの感じ方には個人差がありますので、絶対に痛くないとはいえませんが。)

 

また、最新のレーザー脱毛機器であれば、施術部位を吸引しながらレーザーを照射することができたり、照射部位を局所的に冷却することができたりと、痛さをかなり軽減することが出来るようになっています。
(吸引によって、毛に対してのみ効率的・集中的にレーザーのエネルギーを与えることができ、皮膚の負担を抑えることができます。)
さらに、広範囲をスピーディーに施術することができ、痛みを感じる時間が短くてすみます。

 

そのような最新の機器を導入しているクリニックであれば、痛みの程度を抑えて、効果の高い脱毛を受ける事ができます。

 

 

それでも、どうしても不安があるという場合には、無料カウンセリングの時に医師に、痛みが苦手なので不安だということを伝えて相談してみるのが良いでしょう。
医療レーザーは医療機関での施術となりますので、必要に応じて麻酔を使って施術することもできます。

 

麻酔の費用が脱毛の料金とは別にかかってしまいますが、麻酔によって不安に思っている痛みを感じずに施術を受けることができるようになります。

 

 

おすすめランキングはこちら